en English

2000年以来の誘導加熱

en English

共通鋼の熱処理と焼戻し計算に関する知識ポイント

  鋼の焼戻し硬さ (H) は、焼戻し温度 (T) と焼戻し時間 (T) に依存し、XNUMX つの間には一定の関数関係、すなわち H = f (T, T) があります。 t が固定値の場合、H と T の関数関係は次の XNUMX つのタイプに分けることができます。

1) 線形;

2) 放物線;

3) 累乗関数タイプ;

4) 直線と累乗関数の組み合わせ。

後者の XNUMX つのタイプは、計算と描画が非常に不便であるため、ほとんどの場合、次のような経験式で表すことができる線形および放物型に単純化されます。

H = a1 + k1 T  

H = a2 + k2 T

式中の A1、A2、K1、K2 は特定の係数です。

実際のプロセステストと関連する参考文献のデータに従って、いくつかの一般的に使用されるタイプの鋼の焼戻し方程式を計算し、数学的統計法によって修正しました。 この実践は、これらの経験式が重要な応用価値を持っていることを証明しています。

鋼の熱処理・焼戻し計算表

使用手順:

1) 原材料の化学組成と機械的性質は、国家技術基準 (GB、YB など) を満たし、最大外部反り (または相対的な厚さ) は、焼入れの臨界直径に近いか、それよりも小さくなければなりません。

2) 焼き入れ温度と焼き戻し時間が一定の条件下では、焼き戻し方程式は従来の焼き入れと焼き戻しプロセスにのみ適用できます。 低温焼入れ、複合熱処理、変形熱処理などには使用できません。

3) 熱処理の過程で、冷却能力が技術的要件を満たすように、適切な焼入れ媒体も選択する必要があります。 必要に応じて鋼の熱処理を準備します。

4) ランダム要因の影響を考慮して、実際の鋼の焼戻し硬度と熱処理後の温度は、計算値から 5% の誤差が許容されます。

焼き戻し処理とは、硬化または焼きならし鋼を臨界温度よりも低い温度で一定時間浸漬した後、一定の速度で冷却して材料の靭性を高める処理を指します。 冶金学の理論から、焼入れおよび焼きならし処理の後、炭化物の一部が析出し、急速冷却によって引き起こされた残留応力が一定期間除去され、材料の靭性と柔軟性が向上することがわかっています。 . 当然のことながら、焼戻し処理の効果は、焼戻し温度、冷却速度などに依存します。

材料の強度と硬度は焼き戻し温度の上昇とともに減少しましたが、材料の延性は増加しました。 300℃前後で材料の耐衝撃性が著しく低下する焼戻し脆性。 炭素原子または合金元素の析出は時間に比例するため、材料の硬度は焼戻し時間の延長とともに低下します。 焼き戻し温度は相変化の臨界点を下回るため、材料の強度は冷却速度に依存しません。 ただし、焼き戻し脆化のため、材料の冷却速度が375~575℃と遅すぎると脆化しやすくなります。 これは焼き戻し時に注意する必要があります。

一般に、鋼に合金元素を添加する主な目的は、鋼の硬化能力を高めること、つまり、マッチャンルースアイアンを形成する能力を高めることです。 合金元素(原子)の拡散性が悪いため、合金元素を添加することで焼戻し軟化速度を遅くします。 合金元素は、一般に XNUMX つの機能に分けられます。 最初の機能は、ニッケル、シリコン、マンガンなどとの合金元素などの非炭化物の形成です。これらの元素は炭化物の形成とは関係がないため、焼戻し軟化には関係しません。 このような元素による硬化効果は、主に固溶体の硬化メカニズムによって達成されます。 クロム、モリブデン、タングステン、バナジウムなどの他の合金元素は、炭化物の形成の一部であるため、それらの拡散速度は焼戻し軟化速度に影響します。

今すぐお問い合わせ
上へスクロール

見積もりを取得