en English

2000年以来の誘導加熱

en English

コンクリートポンプチューブ内面硬化機

1.デジタルコンクリートポンプパイプ内面高周波焼入れ。
2.カスタマイズされたチューブ内穴高周波焼入れシステム。
3. 誘導加熱硬化パイプ長は3.5mまで。
4.高速加熱速度、省エネ。
5.ターンキーパイプ高周波焼入れプロジェクトです。

共有先:

1. コンクリート ポンプ チューブ焼入れ装置の概要:

  コンクリート ポンプ チューブの品質と寿命の鍵の 58 つは、コンクリート ポンプ チューブの内壁の精度と焼入れプロセスの要件に依存します。 コンクリートポンプパイプは、内壁に焼入れ浸炭処理を施した特殊素材鋼管を使用しています。 フランジブッシングの硬度は60〜3度に達し、パイプの耐用年数は5〜XNUMX倍に増加し、ユーザーの時間とコストを節約し、頻繁な交換の手間を省き、生産効率を向上させます。

  生コンクリートポンプパイプと急冷コンクリートポンプパイプの性能と寿命は異なります。 急冷コンクリート ポンプ パイプは、約 XNUMX 万立方メートルのコンクリートを輸送できます。

2.コンクリートポンプチューブ内面硬化機の技術パラメータとプロセス

  • 使い方 ZHENGZHOU KETCHAN コンクリート ポンプ チューブ内面誘導硬化装置、Φ125-Φ200 コンクリート ポンプ チューブの内壁焼入れを正常に実行できます。 主な技術パラメータは次のとおりです。
モデル 制御モード 定格出力 周波数
KQD-120/100 完全デジタル組み込み制御ソフトウェア 120KW 20-80KHZ
  • 焼入れは低損失・高絶縁の同軸構造を採用し、焼入れコンクリート管の長さは3500以下。センサー極間の耐電圧は3000Vです。 インダクションフロントエンドは、お客様が使いやすいワンタッチタイプを採用。
  • コンクリートポンプチューブの内壁の焼入れ装置によって達成される技術的指示:焼入れ硬度:HRC55、焼入れ移動速度:毎分300〜400mm、3メートルのコンクリートチューブは約10分かかります。 硬化層深さ:1.5~1.8mm、焼入れ水温45℃以下。
  • ポンプ管の内壁の高周波焼入れ装置の補助装置: コンクリート管を硬化させるには、次の XNUMX つの動きがあります。
  1. XNUMXつ目は回転です。インダクタのXNUMXつの極の突き合わせ接合部とインダクタの周囲のわずかな違いなど、均等にクエンチすることが目的です。 上部に水を噴霧すると、すぐに水が滴り落ちます。 そして、下部は常に水に浸かっており、これらの要因はすべて回転によって解決されます。
     回転数:約120rpmと低すぎて要件を満たせません。 高すぎると振戦しやすい(チューブ自体の真直度が高すぎない)。 無段階の速度調整が必要です。
  2. コンクリート パイプは、軸に沿って前後に移動します。 前進は焼き入れ用で、速度は100mm~500mm/min、軸ストロークは4000mm、速度は無段階です。 早戻し機能付きで、速度は毎分約3000mmで、無段階の速度調整が必要です。
コンクリートポンプチューブ内面硬化機 2台

3. コンクリートポンプチューブ内面硬化機の特徴

  • コンクリートポンプチューブ内面硬化機の周波数は、ユーザーが処理するワークピースの要件に基づくことができ、一般に25〜35KHZであり、適切な硬度は2〜4mmであり、焼入れ硬度は要件を満たしています。
  • 速度は中間周波の1/3で、サイリスタ中間周波のホイッスルノイズもなく、変形も少ないです。
  • 誘導硬化コイルは優れた仕上がりで、コンクリートポンプチューブの内壁を急冷するための同軸水冷構造に特に使用されます。
  • ドイツのシーメンス IGBT パワー管と独自のインバータ技術を使用して、従来のサイリスタ中間周波数よりも効率が 30% ~ 40% 高く、電力を 30% ~ 40% 節約できます。
  • デジタル制御システムを使用すると、加熱温度がより正確になります。
  • 力率が高いため、グリッドへの汚染が少なくなります。
  • この装置は、国際的に認められた 3S 基準 (SURE 信頼性、SAFE 安全性、SAVING 節約)、および 3C 基準 (COOL 低温、CLEAN クリーン、CLAM 静音) に準拠しています。
  • 独自のデジタル通信出力インターフェースにより、外部関連機器との連携制御を容易にし、生産ラインの自動運転を実現します。
今すぐお問い合わせ

関連製品

上へスクロール

見積もりを取得