en English

2000年以来の誘導加熱

en English

オーストラリアの顧客 350KW コネクティング ロッド鍛造自動化中間周波数誘導鍛造炉の配信

1. 生産ライン名:KGPS-350KW/2.5中間周波誘導加熱装置一式

2.生産ライン数量:1セット

3.機器の目的:丸棒の加熱に使用

4.装置の主なプロセスパラメータと技術的要件:

電圧:415V 50Hz

色: ライトブルー (カスタマイズされた色)

加熱プロセスの要件:

ブランク材:36MnVS4C70S6

ビレットサイズ範囲:38~42Φから45~50

加熱温度:1200-1250℃

ビート: さすが、Φ 40 * 120、XNUMX 秒/最速。

  通常の運転中の加熱は安定しており、各セクション間の温度変動は±15℃以内です。加熱後のビレット温度差:軸方向(頭と尾)≦±50℃。 ラジアル(コアゲージ)≦±50℃

  冷却水供給システムの圧力は0.5mpaを超え(通常の水圧は0.4mpaを超えます)、最高温度は60℃であり、対応するホース圧力とインターフェースもそれに比例して安全基準に引き上げる必要があります.

  自動中間周波数誘導鍛造炉の生産とデバッグが完了しました。 お客様のビデオ確認後、機器の発送が可能です。

350KWコンロッド鍛造自動化中間周波誘導鍛造炉01

350KWコンロッド鍛造自動化中間周波誘導鍛造炉02

今すぐお問い合わせ
上へスクロール

見積もりを取得