en English

2000年以来の誘導加熱

en English

中周波誘導溶解炉の正しい操作方法は?

中周波誘導溶解炉のコールドスタート:

  コールド スタート プロセスでは、溶融金属がライニングに接触する前に、ライニング材料が可逆的に膨張し、冷熱の影響による亀裂をシールするのに十分な時間を与える必要があります。3 ~ 4 K の熱電対を使用して、コールド スタート プロセス中の温度をチェックする必要があります。 . 熱電対は、炉の壁または底の近くに配置する必要があります。 中間周波数炉の場合、コイルの有効中心熱電対温度が制御温度です。 中間周波数誘導溶解炉の下部にガスを追加して、炉の上部とライニング全体の温度差を減らすこともできます。

  例えば、5t中間周波誘導溶解炉のコールドスタート時間:炉内の固体材料を1100時間以内に2℃まで加熱します(加熱速度:4T〜15T炉は150℃/h以下、15T炉はそれ以上100℃/h以下)、1100℃で3時間保温し、保温終了後、速やかに炉材を溶かして通常使用に供してください。 低出力伝送の使用を開始し、徐々に出力を上げ (最大出力の 20% ~ 30% まで 15 分間)、炉内張りの冷却中に細かい亀裂を出現させ、最後に出力を満たします)。

中間周波数誘導溶解炉

中周波誘導溶解炉の起動運転:

1)入力ラインの低電圧スイッチフレームを閉じ、三相入力ライン電圧と電流計の表示が正常かどうかを観察し、電源ポテンショメータを最小値に調整します。

2) ボタン上の制御電源スイッチを押します。 2~3秒後に「ボタン上の主回路スイッチ」を押してから「インバータ起動ボタン」を押してください。 電源が動作し始めると、DC 電圧計、電流計、周波数計と電力計のすべてに指示があります。

3) 始動に成功したら、パワー ノブを必要なパワー位置と入力パワーまで下げます。中間周波数が確立されていない場合 (始動に失敗した場合)、「インバータ停止」ボタンを押してリセットし、「インバータ始動」をもう一度。

中周波誘導溶解炉の運転停止:

1) 機械が停止したら、まず電力調整ボタンを小さい位置に回してから、「インバータ停止」ボタンを押します。

2) 機械を長時間停止する必要がある場合は、最初に「インバータ停止」を押し、次に「制御電源切断」ボタンを押し、最後に「制御電源切断」ボタンを押します。 (上記の手順を逆にしないでください!)この時点で、中間周波数電源の内部循環冷却水と電熱容量(システムの循環水ポンプの動作停止を指します)、および内部と炉体外部循環系は、炉内周面温度が100℃以下になるのを待ち(通常72時間後)、ポンプを停止し、給水運転を停止します。

3) 冬季に冷却水を停止する場合は、配管内の水が凍結して割れることを考慮する必要があります (保温、乾燥水排出、水エチレングリコール、およびその他の方法を使用できます)。

今すぐお問い合わせ
上へスクロール

見積もりを取得