en English

2000年以来の誘導加熱

en English

銅ブラケットへの銅管の誘導ろう付け

目的:

  銅管を銅ブラケットにろう付けするために、以下のようなコイルを設計します。ろう付け銅管の直径は 50mm、厚さは 3 ~ 5mm、銅板または銅ブラケットの厚さは 20mm です。 私たちの目的は、誘導加熱ソリューションを使用してチューブとブラケットをろう付けすることです。

主なパラメータ:

電力:50 kW

温度:約1400°F(760°C)

時間: 50 秒ですべてろう付けされます

プロセス:

  • 重要なポイントは、適切な誘導ろう付けツールを使用することです。添付の​​写真のように、口が開いたタイプの誘導コイルを使用します。
  • 誘導加熱により、ろう付けフラックスが完全に均一に溶けるまでろう付け作業を行います。
  • ろう付け後、ろう付けシールが非常に均一で接続が良好であることを確認します。

結果と利点:

  • 誘導ろう付けは火炎ろう付けに比べて作業が早く、ろう付け作業者への要求も高くなく、環境にも良いです。
  • 適切な誘導ろう付けコイルを設計して、底部とろう付けブラケットを均一に加熱できるようにします。
  • 中周波誘導加熱機を使用してこの仕事を加熱し、加熱深度をより確実にします。
  • 加熱時間も大幅に短縮され、省エネにも貢献します。
  • ユーザーサイトに到着すると、コイルは、ろう付けを改善するためにワークピースをコイルに適切に配置できるようにするための固定具も必要です。

銅ブラケットへの銅管の誘導ろう付けアプリケーション

関連製品

今すぐお問い合わせ
上へスクロール

見積もりを取得