en English

2000年以来の誘導加熱

en English

高周波焼入れエンジンバルブ

自動エンジン バルブ高周波焼入れ機は高周波焼入れエンジン ステムと高周波焼入れエンジン シートに使用されます。 自動化されたエンジンバルブ誘導熱処理システムです。

共有先:

高周波焼入れエンジンバルブ 5 jpg webp 誘導加熱装置のリーディングカンパニー 高周波焼入れエンジンバルブ

機械モデル: KQM-60

目的:

高周波焼入れエンジンバルブ、バルブステム、バルブヘッドの高周波焼入れ。

熱処理:

エンジンバルブ材料の硬度を変更し、製品の耐摩耗性を高めます。

技術的パラメータ:

高周波焼入れ前

熱処理範囲

弁棒径:5~10mm、弁座径:20~50mm、全長:70~150mm

材料

21-4N、4Cr10Si2Mo、インポート: SUH:3、SUH:35 など、硬度: 25-45 HRC

高周波焼入れ後

硬化深さ

2-5mm

硬化硬度

50HRC以上

高周波焼入れ機

電源

380V

水圧

0.2-0.3Mpa

周波数

20-60KHZ

総電力

60KW

加熱速度

5S/ピース

産業:

自動車部品産業

プロセス:

  エンジン バルブの機能は、エンジンに空気を入力し、燃焼後に排気ガスを排出することです。通常、バルブ ステムとバルブ ヘッドが含まれます。 バルブステムの端は、強度要件を満たすために必要に応じて熱処理されます。
熱処理中、強度要件、顧客の要件、およびバルブステムのサイズに応じて、さまざまな方法が採用されます。 バルブステムの直径が 8mm 以上の場合、表面硬化が必要です。 バルブステムの直径が 8mm 未満の場合は、完全な硬化が必要です。

  エンジンバルブの分野で、エンジンバルブの高周波焼入れシステムに関する詳細情報をご希望の場合は、お問い合わせください。

今すぐお問い合わせ

関連製品

上へスクロール

見積もりを取得