en English

2000年以来の誘導加熱

en English

溶接後熱処理機

1.空冷溶接後熱処理機
2. PID 温度閉ループ制御
3. フルソリッドIGBT熱処理機
4.調整可能なパワーレベル
5. 設計耐用年数 15 年。
6.完璧な自己保護機能。

共有先:

溶接後熱処理機の用途

  20 年以上高周波熱処理分野に携わってきた当社の溶接後熱処理機は、何千もの産業に使用されており、一般に、溶接後熱処理機は、溶接前の予熱、溶接後の脱水、一般的なパイプラインで使用されています。加熱、溶接後の高周波熱処理、矯正、高周波ろう付け、ホットスリーブ、ホット分解、誘導ジアテルミーなど

溶接後熱処理機の技術的特徴

  • 安全な低損失高冗長設計 – 制御回路デュアルチャンネル: 溶接後熱処理機には、「自動」と「手動」の XNUMX つの独立した制御モードがあります。 制御回路が部分的に故障した場合でも、「手動」モードでは電源が引き続き動作することを保証できるため、システムの信頼性と連続動作能力がさらに向上します。
  • 中断することなく実行される複数のモード — 中断することなく実行される: 偶発的な保護または電源ループのクイック カットまたはちらつきの場合、溶接後熱処理機は自動監視を実行し、自動的に再開操作を呼び出し、シャットダウンによる生産損失を回避できます。 
  • リアルタイム追跡保護 - 完全な保護制限機能: 溶接後熱処理機には、短絡、過負荷、過電圧、過熱保護、センサー温度アラーム保護と制限、変圧器状態検出の機能があり、過電流と過電圧にはハードウェアとソフトウェアの二重保護があります。
  • モジュール式の使いやすく便利な設計 — アラームおよび障害イベント記録機能: 溶接後熱処理機は、操作の過程で発生したアラームおよび障害イベントを記録でき、保存されたすべてのイベントはシステム表示ユニットで照会できます。
溶接後熱処理機 15 jpg webp 誘導加熱装置のリーディング メーカー 溶接後熱処理機
溶接後熱処理機

溶接後熱処理機の技術パラメータ

モデル KYD-40 KYD-60 KYD-80 KYD-100 KYD-120 KYD-200
入力電圧 三相 380V 50/60HZ
出力周波数 2KHZ-30KHZ
出力パワー 40KW 60KW 80KW 100KW 120KW 200KW
入力電流 60A 90A 120A 150A 180A 280A
冷却モード 水冷誘導加熱コイル
加熱温度 加熱速度:5~100℃/分
温度調節器 XNUMXチャンネルレコーダー

溶接後熱処理機のスペアパーツ

溶接後熱処理機 1 jpg webp 誘導加熱装置のリーディング メーカー 溶接後熱処理機
今すぐお問い合わせ

関連製品

上へスクロール

見積もりを取得