en English

2000年以来の誘導加熱

en English

中周波誘導炉のライニング冷却を考える

  情報は、個人的な作業メモ、いくつかの実践的な実験、いくつかの参考書から得られます。 一部の意見は個人的な考えであり、正しくありません。

  山と谷の段階的な電気料金の影響により、多くの誘導炉のファウンドは、夜勤の製錬を選択し、朝にシャットダウンし、断続的な操作を行います。 朝、仕事を終えると、炉の充填物を充填することを選択する人もいれば、保温のために炉に蓋をすることを選択する人もいれば、空の炉を開いて冷却する人もいます.

  耐火会社の技術者によると、炉内壁の急冷は徐冷よりも有利です。

  実際の経験によると、徐冷炉のライニングは大きな(6mm以上)横方向の亀裂(炉体の周囲)を生成し、急速冷却は多方向の任意の小さな亀裂を生成し、これらの小さな亀裂は非常に簡単に閉じることができます適切な低温開始プロセス。 焼結層も自己冷却性であり、大きすぎるクラックはなく、マイクロクラックは避けられません。

  熱膨張と冷間収縮は、材料固有の特性であることはわかっています。 裏打ち材(珪砂、マグネシアなど)は、どんな性質のものでも製錬・焼結の過程で一定の膨張をします。 ここでの固定は静的ではなく、動的で規則的な展開であることに注意してください。 冷却中にさまざまな程度のクラックが生成されます。

  徐冷と比較して、冷却プロセスの初期段階で多数の拡散亀裂が発生し、いくつかの大きな横方向亀裂の発生が回避されました。

  急速冷却は、ライニング表面の熱放散速度をライニングコイル表面の熱放散速度と一致させ、ライニング表面に沿った応力を減少させる傾向があります。 コイルは内部に水が入った銅管でできており、炉の停止時に冷却水を循環させて冷却します。 製錬時に発生する大量の熱を奪い、炉自体への熱集中によるダメージを防ぎます。 空の炉体のほぼ静的な空気。 空気の熱伝導率は非常に悪いため、炉内ライニングの内側と外側で冷却速度に差が生じ、応力集中やクラックが発生する可能性があります。

  炉内張りの縦切断構造には、焼結層、移行層、およびルーズ層が含まれます。

中周波誘導炉のライニング

  釉薬:石英相の石英砂材料の場合、セラミック表面のこの層は溶融鉄と直接接触します。その目的は、溶融鉄ライニングの浸透を防ぎ、電荷の衝撃による損傷に抵抗することです給餌操作中のライニング。

  焼結層: 高温スラグと金属液体浸食と静圧と温度応力の下で、金属液体接触を有する焼結層は、ライニング材料 (るつぼ) 作業層です。 それは非常に高い強度を持っている必要があり、砂材料の厚さはるつぼの壁の厚さの約 25% ~ 35% です。

  半焼結層: 遷移層とも呼ばれ、砂材料の一部が結合し始め、焼結が始まったばかりで、焼結ネットワークは完全ではありません。 この層の機能は、焼結層によって発生する膨張応力を吸収し、亀裂の拡大を防ぐことです。 半焼結層の厚さは、ライニング材(るつぼ)の肉厚の約35%です。

  未焼結層:ルース層とも呼ばれ、完全に未焼結の原砂です。 それは断熱の役割を果たし、誘導コイルの力に対するるつぼの加熱および冷却プロセスの体積変化を緩衝します。 未焼結層は、ライニング材(坩堝)の肉厚の約30%を占めます。

  通常の状況では、炉を離れた後、オペレーターは装入物を補充する傾向があります。 これにより、炉上部の表面温度が急激に下がり、焼結層に円周方向の亀裂が発生します。 空の炉の高温で、突然冷たい材料で満たされた瞬間、材料の重量は基本的に炉の底に押し付けられ、上部の炉壁の熱は炉の装入物に吸収され、激しく下に冷却されます炉壁の軸収縮応力を引き起こす 600 度。 装入物の重力と焼結層の低温強度により、周囲の亀裂に沿った特定の点で炉壁が引き出されます。

  冷却時に炉内に上下温度差を生じさせない方がよい。

  炉蓋を開けて自然冷却することが可能です。 徐冷のために炉を覆う必要はありません。

今すぐお問い合わせ
上へスクロール

見積もりを取得