en English

2000年以来の誘導加熱

en English

高周波熱処理後の表面硬度偏差の考えられる要因は何ですか?

表面硬度偏差の考えられる要因

問題は、加熱と焼入れのサイクル中に、部品が回転しているかどうかに関係なく、最初の高周波焼入れ後に焼入れシャフトの表面硬度が大幅に変化することに熱処理担当者が気付くことです。

世界: この硬度の変化には、少なくとも XNUMX つの原因が考えられます。

(1)焼入れ前のオーステナイトの不均一性。

(2) 焼き入れムラ。

A: 回転速度を上げるか、従来のシングル クエンチ インダクタをスネーク インダクタに置き換えることで、部品周辺のオーステナイトの均一性を改善できます。

B: 焼入れの均一性を向上させるために、スプレー焼入れ装置を再設計し、可能な限りワークピースの表面を覆うようにする必要があります。 同時に、焼入れ時の速度を変化させて(例えば、25%上げてから25%下げる)、結果を比較します。

上記の XNUMX つの状況に同時に適しています。焼入れ中のワークピースの回転速度が遅すぎたり速すぎたりすると、周方向の焼入れが不均一になり、均一に加熱されたワークピースの周囲に対応する表面硬度偏差が生じる可能性があります。 ベアリングの摩耗による部品の過度の揺れも、加熱と焼入れに悪影響を及ぼし、円周上で表面硬度の偏差を生成する可能性があります。

ワークピース表面のオーステナイト不均一性

例:ワーク表面のオーステナイト不均一性

今すぐお問い合わせ
上へスクロール

見積もりを取得