en English

2000年以来の誘導加熱

en English

熱処理工程における焼入れ方法にはどのようなものがありますか?

熱処理工程には、単一の媒体(水、油、空気)であるXNUMXの一般的な焼入れ方法があります。 ダブルミディアムクエンチング; マルテンサイト傾斜焼入れ; M点未満のマルテンサイト部分焼入れ; ベイナイト等温焼入れ; 複合焼入れ法; 予冷等温焼入れ法; 遅延冷却急冷法; 消炎および自己復帰火; ジェット焼入れなど

1.単一媒体(水、油、空気)焼入れ

単一媒体(水、油、空気)での焼入れ:焼入れ温度まで加熱されたワークを焼入れ媒体に入れ、完全に冷却すること。 最も単純な焼入れ方法で、単純な形状の炭素鋼や合金鋼の被削材によく使用されます。 焼入れ媒体は、部品の熱伝達率、焼入れ性、サイズ、および形状に応じて選択されます。

2.二重中焼入れ

二重媒体焼入れ:焼入れ温度に加熱されたワークピースは、強力な冷却能力を持つ焼入れ媒体でMs点近くまで冷却され、次に徐冷焼入れ媒体に移されて室温になり、異なる焼入れ冷却温度に到達します範囲であり、比較的理想的な焼入れ冷却速度があります。 複雑な形状の大型ワーク用炭素工具鋼、高炭素鋼、合金鋼などにも使用されています。 一般的な冷却媒体には、水 - 油、水 - ナイター、水 - 空気、および油 - 空気が含まれます。 急冷媒体としては水、遅冷急冷媒体としては油、空気が一般的であり、空気はほとんど使用されない。

3.段階的マルテンサイト焼入れ

マルテンサイト グレーディング クエンチング: 鋼はオーステナイト化され、その後、鋼の上部マルテンサイト ポイントで液体媒体 (塩浴またはアルカリ浴) にわずかに高い温度または低い温度で浸漬されます。 適切な期間維持されます。 鋼の内部と外部が中温に達した後、空冷のために取り出し、過冷却されたオーステナイトがゆっくりとマルテンサイトに変換されます。 一般に、複雑な形状と厳しい変形要件を持つ小さなワークピースに使用されます。 この焼入れ方法は、ハイス鋼や高合金鋼の金型にも一般的に使用されています。

4. Ms点以下のマルテンサイト部分焼入れ

Ms点以下のマルテンサイト傾斜焼入れ法:浴温が被加工鋼のMsより低く、Mfより高い場合は浴中での冷却が早く、サイズが大きい場合は傾斜焼入れでも同様の結果が得られます。 通常、焼入性の低い大型鋼ワークに使用されます。

5. ベイナイト等温焼入れ

ベイナイト等温焼入れ:ワークピースは鋼の低温ベイナイト温度で浴に急冷され、下部ベイナイト変態を受けます。これは通常、浴に30〜60分間保持されます。数値制御WeChat cncdarベイナイト等温焼入れプロセスの主なXNUMX手順: オーステナイト化処理; オーステナイト化後の冷却処理; ベイナイト等温処理; 合金鋼、高炭素鋼の小型部品、ダクタイル鋳鉄で一般的に使用されます。

6.複合焼入れ法

複合焼入れ法:ワークピースをMs未満で急冷して、体積分率10%〜30%のマルテンサイトを得てから、下部ベイナイト領域で等温にして、より大きなセクションワークピースのマルテンサイトとベイナイト構造を取得します。これはよく使用されます合金工具鋼ワーク用。

7.予冷等温焼入れ法

予冷等温焼入れ法: 昇温等温焼入れとも呼ばれ、部品を低温 (Ms より大きい) の浴で冷却した後、高温の浴に移してオーステナイト等温変態を行います。 焼入性の悪い鋼部品や、等温焼入れが必要な大型部品に適しています。

8.遅冷急冷法

遅冷焼入れ法:部品を空気、熱水、塩浴で Ar3 または Ar1 よりわずかに高い温度まで予冷し、単一の媒体で焼入れします。 複雑な形状や厚みの異なる部品、変形の少ない部品に使用されることが多いです。

9.焼入れ自己返火法

焼入れセルフリターンファイア方式:加工されたワークピースはすべて加熱されますが、硬化が必要な部分(通常は加工部分)のみが焼入れ液に浸されて冷却され、CNC WeChat cncdarはその瞬間まで保持されます炎の色の一部が消えたら、空気中で冷却されたクエンチングプロセスがすぐに取り出されます。 焼き入れと自己焼き戻しプロセスは、完全に冷却されていないコアからの熱を使用して表面を焼き戻します。 ノミ、パンチ、ハンマーなどの衝撃に耐えるために使用されるツール。

10.ジェットクエンチ法

ジェット焼入れ:ワークに水を吹き付けて焼入れする方法。 必要な焼入れ深さに応じて、水の流れは大きくても小さくてもかまいません。 スプレー焼入れは、ワーク表面に蒸気膜を形成しないため、従来の水焼入れよりも深い硬化層が得られます。 主に局所的な表面焼入れに使用されます。

今すぐお問い合わせ
上へスクロール

見積もりを取得