en English

2000年以来の誘導加熱

en English

金属逆焼入れとは?

金属逆焼入れは、予冷焼入れを行い、焼入れ冷却過程を不連続にすることにより、芯部の硬度を表面よりも高くする焼入れ方法です。 清水と田村は、丸棒の硬度分布を研究した後、1978 年にこの用語を初めて造語し、予備冷却された急冷棒の中心硬度が表面よりも高いことを発見しました。 1977 年に Loria は、場合によっては予冷焼入れが硬化層の深さを増加させる可能性があることを実証しました。 その同じ年の後半、清水と田村は、この効果は急冷中の冷却速度の不連続な変化によるものであり、それは急激な冷却速度の変化までの潜伏期間の長さに依存していると説明した. それ以来、Liscic と Totten による実験的作業と、Chen と Zhou による数値シミュレーションにより、予冷焼入れ中のワークピースの表面下の平均冷却速度は表面よりも高いことが示されました。 これらの結果は、冷却時間だけでなく、急冷中の吸熱速度が急冷部位の硬度分布に大きな影響を与えることを明確に示しています。 従来の硬度分布とは異なり、表面よりも心臓を硬くします。 従来の焼入れでは、冷却速度はワークの表面から中心に向かって連続的に変化し、冷却速度は連続的に減少します。 予冷焼入れでは、焼入れ開始時の冷却速度が比較的遅いため、表面の冷却速度も比較的遅く、その後、ワークピースの表面での熱伝達の急激なジャンプにより、冷却速度が低下します。表面から中心までのワークの幅が大きくなります。

遅延焼入れと予冷焼入れは、心臓の硬度が表面の硬度よりも高いというプロセス効果なしに逆焼入れとは言えません。

今すぐお問い合わせ
上へスクロール

見積もりを取得