en English

2000年以来の誘導加熱

en English

誘導加熱と火炎加熱の違いは何ですか?

誘導加熱は、500 平方メートルあたり最大 1000 ~ XNUMXkW の単位電力 (高い磁束密度と一定量の有効な加熱層の深さをブランクで確立できます) と短いジアテルミー時間 (ブランク自体からの熱によるもの) を備えています。 )、鍛造ブランクの加熱に次の利点をもたらします。

誘導加熱

1) 昇温速度が速く、ソイルビレット表面の酸化・脱炭も非常に少ない。 土壌ビレットに高い疲労性能を得ることができます。 酸化物含有量は、炎で加熱すると3%~4%ですが、誘導加熱では0.05%~0.5%に制御できます。 誘導加熱は、加熱領域に燃料生成物がないため、比較的クリーンなブランクが得られ、高品質のブランク製造に非常に有利な要素です。

2) 加熱時間が短いため、局所加熱が可能です。 加熱ゾーンの温度は迅速に確立でき、温度超過ゾーンは比較的狭いため、電気エネルギーの損失が減少し、一部の局所加熱部品の鍛造およびプレスに役立ちます。

3) 省エネ・省資源

4) 加熱時間が短いため、誘導加熱が容易で、生産性が向上し、製造コストが削減されます。

5)加熱速度が速く、加熱時間が短く、得られるオーステナイト粒が細かい。 誘導加熱されたワークピースは、非常に良好な金属組織を持っています。

6) デバイスはすぐに起動します。 火炎炉には多くの耐火物があり、多くの熱を吸収し始めています。つまり、デバイスの熱損失が大きく、動作していないときは一定の温度に維持する必要があります。

7)加熱速度が速く、酸化皮膜が少ないため、金型の寿命を延ばすことができます(一部のデータは、誘導加熱によって引き起こされる酸化皮膜が30つ少ないだけで、金型の寿命をXNUMX%延ばすことができることを示しています)

8) 誘導加熱法は、ブランクが特定の電力とビートの下で不十分な加熱温度または過燃焼から効果的に防止でき、基本的に鍛造品質を保証します。

9) コンパクトな装置と調整可能な電力により、誘導加熱は同期を達成するために鍛造およびプレス装置との生産ラインを形成できます。

上記のことから、誘導加熱は、特にビレットの比較的単一のバッチの場合、ビレットを加熱する理想的な手段です。

今すぐお問い合わせ
上へスクロール

見積もりを取得