en English

2000年以来の誘導加熱

en English

誘導加熱の電磁効果とは何ですか?

コイル導体内の交流電流と金属ビレット内の渦電流の電流密度は断面上で一様に分布しておらず、最大電流密度は断面の表面に現れ、中心に向かって減衰します。表皮効果と呼ばれる指数関数の規則性。

表皮効果の理由:金属ビレットの両端に交流電圧Uが印加されると、金属ビレットの内部に交流電界が確立されます。 電磁誘導の結果として、ビレット内の電流によって形成される交番磁場は反対方向を生成します

リング効果は、円筒形ブランクの外面を加熱するのに有利です。 これは、ブランクがソレノイドセンサーで加熱されるときに磁石を追加する必要がない理由でもあります。 ただし、内孔加熱や面加熱の場合、リング効果は加熱に不利です。 この場合、磁束を使用して磁力線の状態を変化させ、内側から外側に電流を流すことができます。

  • 終了効果

ビレットエンド効果とインダクションコイルエンド効果に分かれます。 表皮効果は金属ビレットの断面の磁場分布を表し、エンド効果はビレットと誘導コイルの端部の磁場分布を示します。 これは、ビレット軸に沿った出力分布とビレットの加熱温度の分布に影響します。 縦磁場内の非磁性ビレットの場合、ビレットの端部効果により、ビレットの吸収電力が増加します。 磁性ビレットの場合、ビレットの半径、材料特性、周波数、磁場強度に応じて、端部効果によって吸収される電力が増減します。 誘導加熱は、上記の XNUMX つの効果を総合的に応用したものです。 インダクターコイル方式の効果がリング効果、ビレット方式の効果が表皮効果です。 近接効果と終末効果はその中間です。

今すぐお問い合わせ
上へスクロール

見積もりを取得