en English

2000年以来の誘導加熱

en English

金属熱処理の焼き戻し工程とは?

  焼き戻し工程とは、焼入れを行った被加工物を下限臨界温度以下の適切な温度まで再加熱し、空気、水、油などの媒体中で一定時間保持した後、室温まで冷却する熱処理工程です。

   焼き戻しの目的:(1) 焼入れ中のワークピースの残留応力を除去して、変形や割れを防止する;(2) ワークピースの硬度、強度、可塑性、靭性を調整して、性能要件を満たす;(3) を安定させる精度を確保するための構造とサイズ;(4)加工性能を向上させ、改善します。

焼き戻し分類:

●低温焼戻し

150~250℃でワークピースを焼戻しすることを指します。

目的:焼入れワークの高い硬度と耐摩耗性を維持し、焼入れ残留応力と脆性を低減する

焼き戻しマルテンサイトは、低温でマルテンサイトを焼き戻すことによって得られる組織です。

(針状マルテンサイト)

用途:切削工具、測定工具、金型、転がり軸受、浸炭・表面焼入れ部品など

●適度な暑さ

350~500℃でワークピースを焼戻しすることを指します。

目的:高い弾性と降伏点、適度な靭性を得る。 焼戻しトロクタイトは、焼戻し後に得られるもので、マルテンサイトを焼戻しすることによって形成されたフェライト基地が、極微細な球状炭化物(またはセメンタイト)の複雑な相組織に分布していることを意味します。

(トロステナイト)

焼き戻し加工の応用例:スプリング、鍛造金型、インパクトツールなど

●高温焼戻し

500℃以上でのワークの焼き戻しを指します。

目的: 強度、可塑性、および靭性のより優れた総合的な機械的特性を取得すること。

焼戻し後、焼戻しソックスレーが得られます。これは、マルテンサイトを焼戻しすることによって形成されたフェライト マトリックスが、微細な球状炭化物 (セメンタイトを含む) の複雑な相組織に分布していることを意味します。

(ソステナイト)

焼き戻しプロセスの適用:コネクティングロッド、ボルト、ギア、シャフト部品など、あらゆる種類の重要な構造部品に広く使用されています。

今すぐお問い合わせ
上へスクロール

見積もりを取得