en English

2000年以来の誘導加熱

en English

ハブ軸誘導加熱・熱処理工程その3:ハブ軸誘導加熱処理結果検出

ハブ軸誘導加熱・熱処理工程その3:ハブ軸誘導加熱処理結果検出

1. 巨視的形態の焼入れ

磁粉による非破壊検査を行い、高周波熱処理後の部品を解剖し、焼入れ不良が無いことを確認した上でサンプリングしました。 巨視的な焼入れ形態を図 5 に示し、軸方向の焼入れ長さは 118 mm でした。 円周焼入れ直径は111mmで、ハブとシャフトパイプの技術要件における焼入れ領域の要件を満たしています。

2.硬度試験

硬度値検出の実際のフルを保証するために、硬度試験領域A、B、C、D、E、F、合計 5 点 (図 3 を参照)、表 50 に示す硬度値のテスト結果、硬度値は表面硬度 64 ~ XNUMX HRC の技術要件を満たしています。

ハブシャフトの硬さは誘導加熱処理

ハブ軸焼入れ部のマクロ形態例

図。 5 ハブシャフト焼入れ領域の巨視的形態サンプル

3.硬化層の深さ

高周波熱処理硬化層の深さは、金属組織法または硬度法を使用できます。硬度法 (臨界硬度 45 HRC) のテストは、ホイール シャフトが可変断面シャフトに属しているため、硬化層の深さによってその位置が決まります。また、異なる、a、b、c、d、e、f、g、h 層の深さ、合計 5 つのテスト ポイント (図 4 を参照)、表 4 に示すように硬化層テスト結果の深さを選択します。硬化層の有効硬化層深さ 7 ~ XNUMX mm の技術的要件。

高周波熱処理によるハブ軸の硬化層深さの検出結果

4. 金属組織とグレーディング

金属組織は、標準 JB/T 9204-2008 に従ってテストされました。 金属組織の微細構造は、図1に示すように焼き戻しマルテンサイトであった。 6.グレードは4~6であり、技術的要件を満たしています。

高周波熱処理によるハブシャフトの金属組織

図。 6 高周波熱処理によるハブシャフトの金属組織

まとめ

(1) ハブ シャフトの焼入れ形態、硬度、硬化層の深さ、金属組織の微細構造、および微細構造のグレーディングの試験結果は、技術要件を満たしています。

(2)認定されたテスト結果は、初期段階のインダクタ設計が合理的であり、誘導熱処理プロセスのデバッグとプロセスパラメータの選択が正しいことを示しています。

(3) ハブシャフトの高周波熱処理工程は量産化に追い込まれており、これまでのところ焼入れ品質の問題は発生していません。 誘導熱処理の開発プロセスにおける同様の製品は、この論文のインダクタの設計原理とプロセスパラメータの選択を参照できます。

今すぐお問い合わせ
上へスクロール

見積もりを取得