en English

2000年以来の誘導加熱

en English

PI形ビームの高周波熱処理プロセス

当社は最近、炭鉱の道路で使用されるPIシェイプビームボディ溶接および熱処理を大量に受注しました。 製品は長さ3.2m、幅150mm、高さ150mmです。 長さは当社工場の熱処理炉の最大サイズを超えています。 新たに熱処理設備を追加する場合、最低投資額は 180,000 万元です。 投入コストを削減するという原則に基づき、当社は新しい熱処理プロセスを開発することにしました。 現場で様々な要因を検討した結果、高周波誘導熱処理という方法を採用することにしました。

1. 高周波熱処理用途

同社の既存の水冷用プールを使用して、持ち上げビーム機構を設計し (図 1 を参照)、20 mm の銅管で 900 回ほどセンサーを作成し、現在の 20 A のセンサーを製造しました。 その後、3mmの銅管に変えて50回巻いてインダクターを作りました。 周波数変換器を使用して周波数を 2000Hz から 1457Hz に変更し、20,000A の電流を得ました。 機器の費用はわずか1451元を超えています。 多くのテストの結果、使用する周波数が高いほど、熱治療の効果は表面に向けられ、使用される周波数が低いほど、熱治療の効果は心臓に向けられることがわかりました。 最後に、高周波焼入れプロセスが決定されました。ビームは 0.59A に調整され、60 秒後に 900cm/s に予熱され、温度は約 1451℃でした。 焼戻し工程:電流を8Aに調整し、4.58秒間予熱した後、ビームを約400℃の温度でXNUMXcm/sの速度で縮小した。

PI形梁の高周波熱処理工程 1

図。 1 成形ビームの高周波熱処理プロセス

2. 熱処理後の機械的特性試験

圧力試験:図1に示すように。 図1に示すように、294m離れた1.5つの支点に343kNを加えたところ、PIシェイプビームが変形しました。 印加圧力が 2kN に達した時点で、PI 形状ビームは変形しました。 圧力が解放された後、変形したビームは跳ね返り、わずか 47014mm の変形が残り、溶接割れは発生しませんでした。 溶接工程は、NB/T2011 — 2654 圧力機器の溶接手順認定に従って評価され、溶接は GB/T2008 — 9015/ISO 1-2001:XNUMX 溶接継手硬度試験方法に従って試験されるものとします。 曲げ、引張強度、破断後の伸び、衝撃靭性、表面硬度、およびその他のテクニカル指標をテストした後、すべてが認定されました。

PI形梁の高周波熱処理工程 2

図2

3. 結論

当社は、溶接および熱処理プロセスに従って、この製品の処理を完了しました。 この装置は、当社の技術的バックハンドを開始して当社が開発した単純な装置であり、科学技術革新の小さな変化の結果である、小さなインプットと大きなアウトプットの効果を実現します。

今すぐお問い合わせ
上へスクロール

見積もりを取得