en English

2000年以来の誘導加熱

en English

一般的な焼割れの分析

  焼入れ割れとは、焼入れ中または常温で焼入れ後に発生する割れのことです。 後者は経年クラックとも呼ばれます。 クラックの焼入れには多くの理由があります。 焼入れ割れを解析する場合は、割れの特徴によって区別する必要があります。

  いくつかの一般的な焼入れクラックがあります。

1.縦割れ

  図1に示すように、軸方向クラックとも呼ばれ、組織応力(接線方向応力)による代表的なクラックです。 ひび割れは表面から内側に割れており、深く長い。 焼入れされたワークピースで発生します。 帯状の炭化物偏析や縦方向の非金属介在物などの欠陥は、縦方向の亀裂形成に対する感受性を高めます。

縦割れ

  2. 横割れまたはアーク割れ

  図2に示すように、クラックはワークの鋭い角に発生することがよくあります。 焼き入れされていない高炭素鋼部品または浸炭部品は、移行ゾーンでピーク引張応力を生成しやすく、そのような亀裂は、多くの場合、表面またはワークピースの特定の深さで発生します。 硬化鋼部品に軟点があると、細かい円弧状のクラックが入りやすいです。

横割れと弧状割れ

  3.内穴縦割れ

  鋼の焼入れ性が十分に大きい場合、内孔の表面の内部応力は主に組織応力であり、接線引張応力が大きいため、内孔の縦方向の分布に沿って亀裂を形成しやすい図3に示すように、端面から放射状に見た壁。

高焼入れ鋼部品の穴内割れ

  4. 焼割れによる断面厚差

  冷却中、図 4 に示すように、肉厚差の大きい部分ではマルテンサイト変態の時間差が大きく、大きな構造応力が形成され、亀裂が発生します。

切片サイズの急激な変化によるクラック

  5. 応力集中によるクラック

  鋼材に鋭角や隙間があると、焼入れ時に応力集中や割れが発生しやすくなります。 特に、応力集中と断面サイズの急激な変化が組み合わさった作用の下では、焼入れの危険性が大きくなります。 図 5 に示すように、厚さ 3mm のフランジの根元は簡単に割れます。

応力集中による焼割れ

  6.ネットワーククラック

  このクラックは、図6に示すようにワークの形状に関係なく任意の方向を持っています。 脱炭焼入れ後の高炭素工具鋼や合金工具鋼の表面には、網状割れが生じやすい。

ネットワーククラック

  7.原材料の欠陥によるクラック

  原料中のスラグ混入、メッシュカーバイド、塑性加工時の表面折れ、加熱時の過熱構造などはすべてクラック発生源と言えます。 焼入れすると露出するか、さらに膨張します。 このような割れを解決するには、焼入れ前の原料の品質管理から始めなければなりません。

今すぐお問い合わせ
上へスクロール

見積もりを取得