en English

2000年以来の誘導加熱

en English

インダクタや誘導コイルの寿命を延ばすには?

1. インダクタの設計時には、構造的に十分な剛性を確保するために無酸素銅が採用されています。

2. 電気接点面のメンテナンス。 誘導コイルと誘導変圧器の間の接続面は、導電性の接触面です。 この表面をきれいにする必要があります。 柔らかい布できれいに拭いてから、銀メッキすることができます。

3. ボルト圧縮設計には、特別なボルトとワッシャーが必要です。 インダクタの接触板は、クエンチングトランスの二次巻線の出力端に押し付けられます。 ネジとワッシャーは、一般的に圧縮に使用されます。 誘導コイルの次の点に注意する必要があります。

  • 変圧器の出力ボルト穴には、ステンレス鋼のワイヤ スクリュー スリーブまたは真鍮のスレッド ブッシングを取り付ける必要があります。 純銅の硬度が低いため、ステンレス鋼または真鍮のボルトは何度もねじることができず、ねじ滑りバックルの故障により、出力端が損傷し、ボルトがねじスリーブの深さにねじ込まれます。 10mm以上です(例としてM8ネジを取り、残りなど)。

  • そうしないと、ボルトが固定されているように見えます。実際、ボルトはインダクタをトランスの出力端に押し付けませんでした。 ボルトの挿入長さはネジ穴の深さよりも短く、ボルトの仮締め力は 155 ~ 178N とし、過剰な仮締め力はネジスリーブを損傷します (例として M8 ネジを取り、残りは指定された値に)。

  • ガスケットは特別に大きくする必要があり、ガスケットが厚いほど、効果的に局所的な圧力を締めることができます。

4. 導電面への圧力を高めるために、インダクタの接合面の中央に溝を設計する必要があります。 表面は酸化を防ぎ、接触抵抗を減らすために可能な限り銀メッキされています。 絶縁板の両面の面取りは、インダクタが適切に取り付けられていない場合のトランス側の短絡を防ぐことができます。

今すぐお問い合わせ
上へスクロール

見積もりを取得